FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

易書の妖怪が「大罪」である理由と謎を考える

昨日色々コメント貰って頭の中でだいぶ纏まってきたのでここに書き記しておきます。

まず一つ昨日見落としていた霊夢の謎。なぜ本を焼いたのか。
「発動条件が揃うと冥界との扉が開く危険な本」なので焼いた。・・・ん?

既に妖の時に冥界との結界に穴が開き、それが今も修復されずに開いたままであるはずではなかったか?
少なくとも史記の頃には「行き来が容易になっている」と書かれており、(P146)
阿求曰く、「幽霊がこの世にも来るようになっている。賢い妖怪のすることなので何か目的あるんだろう」(P51)
既に行き来できる状態になっていおり、人が冥界にいく事も、幽霊が現世に来ることも行われている。
それにも関わらず、本に対しては「冥界との扉が開く危険な本」として処分。
もう扉開きっぱなしじゃないの?どういうことなのか誰か教えてくれ。

あと、冥界は「閻魔の裁きを受けた後、罪のない幽霊が転生を待つ場所」ともある。(P145)
易書妖怪本人は「あの世」としか言ってないが、霊夢曰く「あの本は冥界と繋がる」、ということであれば
易書の妖怪は冥界から復活したと考えるのが自然だろう。
よっしゃ!易書の妖怪はもう既に閻魔様から無罪だということが確定してる!
幻想卿のルール的には大罪だが、絶対的な、そして過去の行いを見れる閻魔様の基準で冥界に送られた彼は
無罪だということだ。

多分現在は冥界で幽霊やってると思うので、幽々子の管轄ということになるのだろうが、
幽々子的にはどうなのかっていうのは気になる。

--疑問ここまで--

続きを読む»

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。