FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨歌仙28話 いろいろ疑問点

ストーリーには特に触れない。
よくわからんことが結構沢山あった。過去設定との兼ね合いも含めて。

1.さとりがペットと仲良くしてる。
 さとりさんは地霊殿の頃は、
 「……え? 「ペットなら呼べばいいのに」ですか? どうも、私はペットに避けられるのですよ。この力の所為かしらね。」
 っつってた。
 あと「呼べばいいのに」「避けられてるので呼べません」って流れの会話してんのに、
 どうやってお燐に石桜の回収依頼を出したの・・・?呼んでも来ないはずじゃあ・・・。
 
 個人的には、
 地霊殿のセリフで言っていた「ペット」はお空単体のことを指すとし(ラスボス名伏せの為に変な会話になるのよくある)、
 お空はさとりを怖がっているので呼んでも来ない、若しくはあの時は調子乗ってたお空をお燐が隠してた、

 ってこととして受け取ろうかな!

2.昇天って何
 霊魂は死神に河渡しされて、閻魔の裁きを受けた後に昇天するか冥界行くか地獄落ちるか決まるんじゃなかったんか。
 勝手に昇天しちゃうんじゃあ、死神の存在意義がわからん。
 そもそも土葬したら魂が死神に招かれずにどんどん沈んでいきますって、それ彼岸側としてはどうなの?
 一億総土葬したら閻魔のお仕事なしなの?

 個人的には、
 霊夢が結晶=霊魂を攻撃してしまった為に爆発四散しちゃっただけで、
 妖夢が勝手に幽霊を切った時と同じように、これは彼岸側としてはマジフェイスで怒る程度にはNGな案件なのでは、

 って思っておきます。
 土葬されただけで彼岸から見捨てられちゃうのは全く考えが思いつきません。

3.死体の数と石桜の量って?
 お燐が言うには石桜は魂の結晶。有象無象としての幽霊ではなく、死者の魂。
 霊夢が結晶を割った時は、あの程度のサイズに1つ魂が入ってた。
 そこから考えるとあの地底の石桜はどれだけの人間の魂なの?
 たとえ100人とか1000人じゃ済まなさそうなくらい猛烈に死にまくった上土葬されまくってないといけないことになるけど、
 いくらなんでも幻想郷で人死にすぎだし桜の下に人埋めすぎだしそもそも幻想郷は土葬禁止じゃなかった?
 しかもそれが毎年あるってどうなってるの。毎年毎年どれだけの人間が桜の下に埋められまくってるの・・・。
 てか埋められた時点で閻魔の裁きを受けさせてもらえないような埋葬される人間って
 どんな悪いことすればそういう扱いになるの。

 個人的には、
 実際に1人の魂をそのまま結晶にしたらものすごい特濃な結晶になるけど、
 沈んでいくうちに薄ーく薄ーく広範囲に分散していって(地に水を撒いたような)
 地底に到達する頃には引き伸ばされた一人の魂が土を含み霜のようになりながら、バラバラに崩れ落ちてるだけで、
 毎年降るのも1人の魂が20回とか50回とかに分けて崩れてるってだけ
 だからあの量であっても精々1人~2人くらいしか埋められてない!
って考えておきます。
 どんな人間が桜の下に埋められるのかとか幻想郷は土葬禁止のはずじゃとか、
 その辺は全くわかりません。誰か助けて。 

4.怨霊は妖怪にとって危険なんじゃなかったの?
 地底繁華街で石桜が舞ってる箇所にすごい沢山の怨霊がいるけどあれどうなの、地底妖怪は大丈夫なの?
 華扇ちゃんの言うには「鬼じゃなきゃ正気も保てまい」なので鬼は大丈夫としても他の妖怪にとってはマズいんじゃ。
 「あの死体好きの猫みたいに」って付け加えられてるし、お燐は怨霊アカンの?怨霊まみれの地霊殿にいるのに?
 正気を保てないのが怨霊の所為ではなく、石桜の所為だとしたらいよいよ怨霊が危険な設定が迷子。
 てかお燐の言う「ほっときゃ掃除してくれる」って、怨霊は普段ほっとかれてんの?管理すんのが地霊殿の仕事のはずでは。

 例えば、石花見を地底妖怪が楽しんだ後に怨霊石花見の日を設け、その間は危険だから妖怪は皆巣に篭り、
 怨霊に花見と称して掃除させる(刑務所で囚人に服や靴を作らせたり、慈善事業させたりするようなのと同じで)とか・・・?
 石桜と怨霊のダブルパンチで流石のお燐もおかしくなるとか・・・?
 魔理沙華扇が地底に訪れた時は、さとりが既に緊急で怨霊石花見の日にしてたとか、そんな所で考えたけどなんだかなぁ。

ってとこですか。
結局怨霊はなんなのよ。

お燐の言う「桜を綺麗に咲かせる秘訣として人を埋める」ってのは幽々子の経歴とのリンクなのかな。
西行妖の「見事な桜の下で歌聖が死んだら桜がますます綺麗になった。
そうして色んな人が桜の下で死んだので、いつしか桜は妖怪になった。」って流れを汲んでの説明よねアレ。
でもそれって人を桜に食わせて桜の妖怪化を助長してるわけだし、かなーり危ない秘訣なんじゃないの。
最終的に幻想郷の桜が皆西行妖になりましたとかなったら手におえなくない?
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

土葬に関しては霖之助が最近は人間の供養が土葬から火葬に切り替わってきているとあり、その話題で妖怪化を防ぐため~ってのはあったので切り替わるまではずっと土葬だったようです。なんでどのくらい土葬が行われたかは分かりませんがかなりの数になるのは確かかと

正気も保てまいは地底に居続けること自体のことを指しているんじゃないかと思いました。怨霊が危険に関しては…一応憑りつかれて人間は精神が狂って妖怪は精神が主体だから本質を変えられてしまうかもしれないってのはありますが実際に描写がないのでなんとも
ただ地底だとさとりとかが目を光らせてるのでそんなことをする怨霊はいないんじゃないかと(地霊殿の異変は地上に出てきたので問題になりかけのかと)

No title

>彼岸から見捨てられちゃう
割とアバウトっぽいですからねあそこ…

>さとりがペットと仲良くしてる。
さとりが勝手にそう思ってるぽいだけのようですからね。もしくは異変後お燐と和解できたのか。この辺は自由に考えていいと思います(一応お燐に関しては悪いことをしたときに親に見つからないようにするみたいな風なことが書いてあったので)。どうやらペットも最初は懐くようですが知恵がついて言葉を話せるようになると避けられるようになってしまうようですね

東方シリーズではキャラの言ってること鵜呑みにはしない方がいいですよ。後、前の記事みたいなのだと煽りっぽく見えると思うのでこのくらいならいいと思いました。連投と長文すみません。

No title

>なんでどのくらい土葬が行われたかは分かりませんがかなりの数になるのは確かかと
総数ならともかく、毎年春に石桜が舞うってあたりいくらなんでも多すぎでしょって気がしますねー
そもそもこの場合土葬の中でも「桜の下に埋める」とかいう形式ですし
そもそも桜が多すぎるだろ!とも思います。

>怨霊が危険に関しては…
口授では神奈子が、魔理沙が地底に行くことに対して怨霊に気をつけてって言ってるので
やっぱ地底でも怨霊は憑りつこうとしてるんじゃないっすかねー
妖怪が乗っ取られた事例はなくても妖怪は怨霊を怖れてるって言われてるのがひっかかりますね

No title

>割とアバウトっぽいですからねあそこ…
まぁそもそも幽霊と魂の設定自体が割とアバウトってのありますのよね。
幽霊は色んなものの気質だから生き物からのみ生まれるとは限らないってあるのに
時代を経るごとにどんどん混同されてってますし。
地獄に行きたくないなら埋めてもらって自然に消滅できるってどうなんですかね・・・。

>さとりが勝手にそう思ってるぽいだけのようですからね。
少なくとも地の頃は呼んでも来ないような間柄だったのは確かのようですが、
じゃあどうやって今回お燐に依頼したのってなりますからねー。
地の後にわだかまりが解けた説もあると思いますし、記事で書いた呼んでも来ないのは空のみ説もあると思います。

No title

うろ覚えですが地底は幻想郷よりかなり広かったと思います。
周辺の外の世界の人も含めて地底の結晶になってるならむしろ少ないぐらいかなー?と

怨霊は地底内だとけっこう管理アバウトで、だから普通の妖怪はあんまり地底暮らしは快適ではないってところですかね?

No title

>周辺の外の世界の人も含めて地底の結晶になってるならむしろ少ないぐらいかなー?と
仮にそうだとしても外界の閻魔の領分であろう外の人間の魂を裁判すらかけずにしかも娯楽のために現地で禁止されてる土葬しちゃっていいのだろうか・・・
そもそも桜に埋められるような魂がどんな奴なのかの実態が全然つかめないんですよね
ただ彼岸にもたどり着けないどうしようもない人間は三途の川で溺れ沈む道もある設定があるから石桜の下に居るような魂がそれにすら引っかからないごくごく少数派ってのは分かる
多少分母増やしたぐらいでそんな魂が毎年供給できるぐらい増えるのだろうか

土葬された死体の数については忘れ去られた死体が流れ着いたって可能性もあるんですかね。
人知れず樹海や山奥に棄てられた死体とか多そうですし。

No title

>うろ覚えですが地底は幻想郷よりかなり広かったと思います。
>周辺の外の世界の人も含めて地底の結晶になってるならむしろ少ないぐらいかなー?と
外の世界=現実という設定から考えて、
日本では今土葬は超限られた形でしか許可されておらず、外の世界の土葬を混ぜた所でほぼ加算はされないでしょう。
しかも、桜の下に埋めるとかいう限定的すぎる埋葬方法ですから・・・。

>土葬された死体の数については忘れ去られた死体が流れ着いたって可能性もあるんですかね。
土葬禁止は妖怪に死体を持ち去られて妖怪が増えちゃうようなことを防止するためであると記憶してますが、
それなら流れてきた外の死体も速やかに火葬するor妖怪に持ち去られるかされてそうだと思いました。
それこそお燐のように死体持ち去り専門のがいますし。

ちょっと調べた所によれば、そもそも桜の下に~というのは近代の小説により爆発的に広まった、「都市伝説」らしいのです。
過去に桜の下に死体が埋められた風習はないし現在でもありえないと。
外の世界では存在しえなかった幻想郷ならではの桜に関わる風習みたいな。
なので今回の話は、深秘録とかけた都市伝説絡みの話だったのではという線もあると思います。
深以前から、地底に関係しているぬえが都市伝説スペカを使っているあたり、
地底では地上よりもはやいうちから都市伝説現象が起こっていたとか考えられるかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。